本文へスキップ

映らないテレビの原因と改善策。テレビアンテナのFAQをまとめてみました。

FAQ・新着情報NEWS&FAQ

HOME>FAQ:新着情 

テレビ放送ロゴマーク

テレビとアンテナの(FAQ)

工事関連

Q.基本工事価格とは、何ですか?

A.当社の基本工事価格とは、地デジアンテナまたはBS/110度CSアンテナ1台と、テレビ1台を接続する工事です。新規アンテナ工事のスタート金額になります。その他の工事、増設工事(ブースター等)は別途の追加工事代金になります。基本工事価格は、¥13,800~です。詳しくは、アンテナ工事をご覧下さい。

Q.地デジ:BSアンテナのみの販売もしてますか?

A.いいえ、個別の販売は致しておりません。
当社では、工事の際に必要な各種のアンテナ及び機材を地元から格安に取り寄せています。工事完了時に、アンテナ工事代金として、工事代金+製品機材のサービス提供価格として頂いております。

Q.取り付け工事の時間はどれくらいかかりますか?

A.BSアンテナ工事はおよそ、40分から長くて一時間くらいです。 工事の流れとしてはまず、BSアンテナを取り付ける場所が、南南西の方角にあるか、そして、ほかの建物が衛星放送電波の受信をじゃましていないか確認します。大丈夫でしたら次に、ベランダ等にあるサッシ・鉄などの格子状の金属等にアンテナを取り付けます。
そこで、アンテナの方向調整を行うのですが、BS/CS110度衛星放送の電波は、方角をきちんと合わせないとテレビは全く映りません。その時にレベルチェッカー(電波測定器)という装置を使い、1cm以下の単位で上下左右に微調整しながら方角を調整していきます。その時に、周りが密集地だと周囲の建物が電波を拾うのに邪魔をして方向調整に時間がかかることもあります。そのときは、工事時間が1時間を超えることもあります。
地デジアンテナ工事もほとんど同じです。 取り付ける時には、その取付位置で地デジ電波をきれいに拾っているかを電波測定器で確認します。方角としては、豊見城市の嘉数&高安のテレビ塔の位置に向けて高さなどを調整します。BS/CSアンテナのように細かな角度調整はいりませんが、ただ、テレビ塔の位置からご自宅の地デジアンテナまでが遠かったりして、近くに中継局などがあれば映り具合を確認しながら中継局向けに取り付けることもあります。後で、映りが悪くなったり:映らなくなったりしないようにするためには、取り付け位置がとても大事です。工事時間は長くて1時間くらいです。

Q.地デジアンテナ工事とBS/110°CSアンテナの工事を、一緒にお願いすときの工事代金はおよそいくらになりますか?

A.どこの会社でもほとんど一緒だと思いますが、基本的には、別工事:別工事代金になります。当社では 、お客様の事情&現場:ご自宅の状況に応じてなるべく安くするように提供しております。例えば、地デジアンテナの取付け工事代金は、1台:¥13,800~となりますが、実際には、×2の工事価格と単純には計算しているわけでなく、アンテナ2台以上のセット工事では安く提供しているのが現状です。

Q.アンテナ工事に使用しているケーブルの太さには意味があるのですか?

A.ご家庭で使用する、アンテナケーブルの太さの種類はおよそ3種類です。
数字は直径を表しており、規格上は、3C、4C、5C、と呼ばれています。一般的に使われているのは、4C、5Cで、家電量販店等で売られているケーブルです。数字が大きほど、電波を送るのに安定します。当社では、5Cを基本に工事をいたしております。テレビの受信電波を送るのに安定しているからです。同じケーブルの長さで計算しますと、5Cの規格のケーブルの方が若干割高になっています。


テレビ関連

Q.地デジのテレビが映らなくなった、または、特定のチャンネルだけが 映らないのはどうしてですか?【E202】エラーメッセージ

A.テレビが映らない時にはいろいろな原因が考えられます。
沖縄では、各チャンネルが特定の地域によって、映らない・映りが悪いなどの原因になっているアンテナレベルが低くなる「電波障害」がまれに起こっている地域があるのが現状です。
テレビの受信設定、アンテナからテレビまでの ケーブル配線、アンテナ及び分配器等使用している機器の劣化・損傷などの原因が考えら、これらを補修すれば改善されます。また、テレビ塔から送られている、テレビ電波がアンテナに届くまでに空気中のノイズなどの影響で、テレビ電波そのものの、信号品質が悪くなってしまっている地域もあります。アンテナ調整(方向:角度)で直る時もあります。

Q.テレビで、降水量:雨が多いときに映像が映らなくなるのはどうしてですか?

A.例えば、BSアンテナですが、現在市販されている「パラボラアンテナ」は 、家庭用で直径45cmがほとんどです。衛星放送は、宇宙の人工衛星から送られていますが、大雨が降るとその衛星電波が雨によって弱くってしまうからです。
NHKの過去のデーターからすると、一時間あたりの降水量が70cmを超えたあたりから、映像のちらつき・映らないなどの現象が起こるそうです。雨が弱くなれば元のように映りますので、必ずしも故障ではありません。
改善策としては、直径60cm以上の パラボラアンテナに取り替える方法もあり ますが、価格も(¥25,000以上)と、それなりになりますので現実問題としては厳しいかと思います。また、風速20m以上になりますと、風の影響などでBSアンテナの向きが変わってしまい、映らなくなることもあります。 その時には、BSアンテナの向きを再調整することで元のようにキレイに番組が映ります。
地デジアンテナの場合にも、同じように考えていただいて間違いありません。

Q.テレビで確認することができる、受信レベルとはどういったものですか?

A.地デジテレビで確認することができる、アンテナレベル(受信レベル)とは、単純に電波の強さの事ではなく、テレビ塔から送信されている元のきれいな電波とご自宅に届いている電波を比較して、ノイズが混ざっていないかの:C/N値から換算した「信号品質」を現しています。
各メーカーさんから販売されているテレビによって、その表示の仕方・レベル数字の計算方法は全て同じわけではありません。よって推奨しているアンテナレベルの大きさはテレビによって違います。
アンテナレベルが低くなる原因としては、建物の中にテレビコンセントがたくさん取り付けらている。テレビコンセントまで届くケーブルの長さが長すぎる。コネクターの接触不良など色々な原因が考えられます。
改善策の一つとして、増幅器(ブースター)を付ければ、電波の弱さが改善されますので、映り具合の悪さ:映らない等はなくなります。今まで映りが悪かったところはブースターを取り付ける事で改善されています。
工事する側からは、アンテナレベルとは簡単に言えば、取り付けるときにアンテナの向き高さの調整・そして、断線(電気の流れが止まっていまいか)が起きてないか等、設置前の信号品質を確かめる時に使用しています。

Q.フレッツ光回線終端装置にブースターを接続できますか?

A.可能です。
フレッツ光回線終端装置から、出力される信号はテレビ電波信号です。フレッツ光回線終端装置までは光信号で、回線終端装置から出力されるのは「電波信号」になるわけです。最近は、マルチメディアボックスをご使用になるご家庭も増えてきていますが、そこにはLAN配線や電話設備等をコンパクトにまとめる為のスペースがあり、ブースターを設置していることが多いようです。
このブースターには、更にブースターを接続することも可能です。(ご自宅が、高いアパートで囲まれいて、地デジテレビがほとんど映らなかったために、地デジ放送用のブースターを接続して映りが良くなりました。)
ブースターの接続箇所ですが、基本は回線終端装置の出力端子とテレビの入力端子の間に設置することになります。
 なぜ、光なのにブースターが必要になるのでしょうか?
光回線終端装置から出力される「電波信号」のレベルは一定ですが、アンテナケーブルが長くなればなるほどケーブル損失を起こし、分配すると分配損失が起こるために、テレビに届くまでに少しずつ電波は弱くなってくるからです。
 電波の減衰が大きくなれば、当然にテレビで受信できなくなり、複数のテレビで観るためにはやはり「ブースター」で信号の受信レベルの強度を大きくしてやる必要があります。
このような損失は、ネット回線のLANケーブル内でも同じですが、LANケーブル場合には、アンテナケーブルに比べると、信号が損失しないように設計されていており、HUB(ハブ)で分配しても分配損失が起こらないような仕組みになっています。
他に、電波(電気)信号は周波数が高くなるほど、ケーブルの中で減衰しやすいという特徴があります。テレビ電波は、LANケーブルで使用している電気信号の周波数より、10倍以上は高い周波数を使用しているます。そのためにテレビ電波の信号は、LANケーブルで使われる信号より圧倒的に減衰しやすいという特徴もあります。
 似たようなサービスに「ひかりTV」があります。このサービスは、LANケーブル(ネット用ケーブル)で接続しますが、テレビで受信できる信号とは違いますから、通常は信号を変換するための、チューナー:STB(セットトップボックス)という装置が必要になります。

     
Q.今後・・・追加予定

A.電話またはメールでの問い合わせご質問などありましたら、随時こちらに掲載させていただきます。


新着情報

2020年
11月
アンテナ工事の内容と平均工事価格を簡単に検索にできる特設サイト「沖縄テレビアンテナ研究所」を公開。工事価格は一番気になるとこです。分かり易くそして簡単に検索できるように検索方法を満載しました。
2019年
5月
2018年の大型の台風24号と25号の被害は甚大でした。そこで、新しく「台風アンテナ対策」のページを制作し追加しました。少しでもご家庭で台風被害を最小限に抑えることができたら幸いです。
2018年
5月5日
設立当初から公開していました、ホームページを全部新しくしました。キャンペーンや映らなくなったテレビの解決策を今まで以上に掲載してみました。
2016年
2月20日
サイトの各ページを見直してユーザーの使いかってを考えて手直しを行ってきました。今後も手直しを行っていきますが、本日リニューアルした当社サイトを新しくアップしました。
2015年
9月20日
サイトのリニューアルいたしました。文章を見やすくするために、全体的にリスト書にしました。
2015年
6月~7月
ブラジル開催ワールドカップ及び台風8号の影響だと思いますが、ほとんど休みなくアンテナ工事を行った月でした。強烈な台風8号の後ですが、1日の当社ホームページ閲覧回数が、数百回と過去最高を記録しました。
2015年
3月 ~
SEO(内部対策)に力を入れてきまして、おかげさまで当社ホームページも上位に表示されるようになりました。お問い合わせも以前より増え、工事の依頼も大幅に伸びるようになりました。
2015年
3月
BS/110度CSアンテナを、新たに東京から20台取り寄せました。       
2013年
4月
当社、スカイ電器のホームページを、インターネットに公開しました。
2013年
3月
当社スカイ電器を設立。